♕食品営業賠償共済


✤掛金のお得な食品賠償共済(PL法対応)✤

食品事業者のみなさまの周りには、様々なリスクが存在しています!

  • 集団食中毒
  • 建物・設備の管理不備
  • 預かり品の盗難・破損

  • 業務に起因する事故
  • 業務停止による営業損失
  • 商品回収

  • 賠償事故によるブランドイメージの低下

食品関連事業者は、安全・安心な食品を提供することが責務となっておりますが、もし食中毒の事故が発生した場合、被害者への保障は高額となることも予想され、その補償の為の共済制度です。他の損保会社より格安で大きな補償となっています。

ご加入には、京都市食品衛生協会の会員であることが条件となっております。


☆ 食品営業賠償共済 補償内容 ☆

基本補償

・・・基本補償

オプション

・・・オプション


生産物リスク

支払限度額(1事故・保険期間中)㊟1名あたりの支払限度額はレギュラーコース5,000万円、ワイドコース1億円です。(口数により変わることはありません)

  • レギュラーコース:5,000万円✖ご加入口数(1~5口) 
  • ワイドコース1億✖ご加入口数(1~5口)

免責金額3,000円(1事故につき)


休業リスク
傷害リスク
売上金盗難リスク
旅館宿泊者賠償リスク

食協独自!!

共済部分:共済金
特別費用

損害保険部分でお支払いされる保険の10%を上乗せしてお支払

不良完成品損害は対象になりません。1口につき1,000円限度

見舞に要した交通費、連絡経費、衛生教育費等にお役立て下さい。



加入者特典(共済部分)
火災見舞金

加入されている営業施設が不幸にして火災に遭われた場合に、見舞金をお支払します。

最高10万円


※共済(保険)の特徴を説明したものです。詳細はパンフレットをご覧ください。