· 

お弁当等をテイクアウトやデリバリーで販売する皆様へ

店頭でお弁当を販売する場合は、調理から喫食までの時間が長くなるため、店内での飲食と比べて食中毒発生のリスクが高くなります。飲食店で調理した弁当等をテイクアウトやデリバリーする場合は、京都市ホームページに記載されている注意すべき点をご確認のうえ医療衛生センターへご相談下さい。

食中毒といった不測の事態に対応した共済保険(PL保険)に、ぜひご加入ください。